So-net無料ブログ作成
検索選択

DDS アバタール・チューナー2(その11) [DDSAT & 2]

ハス2.JPG
DDSAT2、とりあえずクリアしました。
年も変わってしまったので、ラスボスを倒してエンディングを見ることを優先。
シヴァを倒せないまま、セトやサタンにも会えていないけど、それはこの先ぼちぼちがんばろう。
ブラフマーさんはそれでもラスボスなので、属性の防御は怠ってはいけない。

以下、エンディングの感想とDDSAT1&2のまとめ。

よくわからない部分もあったけど、
最後にジェナによく似た女の子が振り向いて「大丈夫よ」って言うから、ほろりと来た。
もういいや。いいエンディングだった。
いや、すべての因果に決着がついたことはわかるけど、わりと途中プレイヤー置いてきぼりなので。
それでもあの一言で許せてしまうきれいな締めでした。

DDSAT1&2は凝ったダンジョンと、真3のプレスターンバトルをさらに掘り下げたシビアな戦闘、
インド哲学でサイバーパンクで量子論なストーリーが特徴で、気付いたらやめられなくなっていた。
戦闘曲はどれも素敵だし、各ダンジョンの曲もいいです。世界観とくっついて離れがたい。
「Big Battle」はカッコいい。「Epic Battle」はP4の音に近いと思う。
「Hari-Hara」の舞踏曲っぽさも好きだ。

戦闘は面白かったけど厳しかった。
だいたいランチアオーブ(瀕死の仲間一人をHP全回復で復活させるアイテム、
使ってもなくならない)が普通にショップで売っている時点で、なにかおかしい。
DDSATの毒や混乱がただのバッドステータスじゃなくて、
属性攻撃の手段として重要な役割を果たしているのが好きだ。
行動回数をコントロールすることが肝要な戦闘システムなので、敵の弱点は疎かにできない。

そういえば、真3マニアクスのおまけのDDSATのサンプルムービーを見たときは、
ネットゲームみたいな電子的な印象を受けたなあ。
まさか因果応報で六道輪廻な話になるとは思わなかったけど。
仏教そのものの思考ではないんだよね?
仏教が広まる前からあったインドの哲学で、仏教もそれを取り込んでいるんだよね?
生きてるうちは足掻いて足掻いて、足掻き続けたらいつか輪廻を抜けて涅槃に辿り着くことができる、
と解釈したけど、こうやって文章にすると、本当に木星のお告げを受信しちゃった人みたいだ……。
ところどころ『女神異聞録ペルソナ』や『ペルソナ2罪&罰』を思い出す部分もある。

元はといえばDDSAT&2のイメージパースが画集『草薙』に載っていて、興味を持ったんだよね。
イメージパースといっても、ほとんどそのままゲームの舞台として起こされている。
草薙の公式サイトでも一部のイラストは見られるけど、
ストーリーのネタバレになるので、未クリアの方はご注意ください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

DDS アバタール・チューナー2(その10) [DDSAT & 2]

いったん太陽第三層に戻って、すっごいブレスを使うジャックフロストを倒しました。
「ホ前なんだその爪先立ちは? ホレサマがジャックフロストだからってナメてるのか?」
爪先立ちに因縁つけられるとは思いませんでした。
なんだその目付きは、って言おうとしてアートマには目がないことに気付いたのかな。
「……ウソじゃボケ」
ガラ悪い!(笑)

メーガナーダを倒した。威圧の霊石をとうとう使ってしまった。
それでも立て直すのが精一杯。どうせメールの雷火が来たら全滅するので、
途中からマカカジャ対策は諦めてサイコプレスだけがんばった。
魅惑ブレイクと混乱ブレイクを付けたシエロを先頭に置くのがコツだった。
むかしの人はよくこれを封印したもんだ。
メーガナーダは「インドラ」しか台詞がなかったんだけど、ロアルドを連れて行ったら変わるのかな。
ロアルドは嫌がりそうですが。

うちのパーティには、決定的なダメージソースがないのがつらい。
レベルが低いのかもしれないけど、スキルを覚えさせるのは3人だけに絞って、
2軍のメンバーは先送りにしようか悩むくらい。
DDSAT1&2は、本当にプレスターンバトルというシステムを考え尽くしたゲームだな。
正解に辿り着くためには針のように細い道を歩く必要があって、パズルみたい。

太陽第六層は広い、しかも二択ワープ。間違えると入口に戻される。
わあ経験値とAPがたまるなあ。
それで、ニュークリアマークかと思ったら、ハスの花なんですな。綺麗だー。
部屋の隅までマップを塗り潰したくなる良いデザイン。
ラスボスの前まで辿り着いたけど、隠しボスと戦いたくてうろうろしています。
そして、今になってアイテムゲッタの重要性に気付きました。ノイズは大事。

ヴィシュヌさんは、パーティー平均Lv79くらいでようやく倒した。
チャトゥルプジャは「4つの武器を持つ者」だから4回攻撃。なるほどね。
火炎ハイブースタを付けたゲイルが1ターンおきにピュリプレゲトンしてました。
物理ストロンガと会心キャンセラとHPハイブーストをセットして、戦法がわかっていてもツラい。

次はシヴァさんだ。ええと、メギドでいい?
マカカジャ×2から三界輪廻したらダメージ300しか与えられなかったんだが。
シヴァさんがラクンダ、デカジャ、デクンダを使うから、カジャ・ンダを何回掛けたかわかんなくなる。
ナタラージャとは踊りの王という意味だそうです。
誰ですか、そんなカッコいい台詞書いたの。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

DDS アバタール・チューナー2(その9) [DDSAT & 2]

力技でミカエルを倒して太陽まで来ました。
太陽に向かう途中で、サーフとセラの合体でセラフ誕生。
我は汝、汝は我。セラの心の海よりいでしサーフは、セラに還ってしまったのだな。

セラフのアートマ、アルダーは戦闘画面で他のメンバーと並んだとき
デザインに違和感があるけど、そのうち慣れてくるでしょう。
パーティーに加えるのは、せっかくなのでヒートにしました。

レベルアップのギフトイベントで、ゲイルがアイテムをくれました。
「どんな姿になろうと お前が俺の仕える唯一の存在だ」
ぼくらの参謀は本当にカッコいいな! 仕えるとかの関係じゃなくて、友人や仲間でいいんだよ。

「次は何が欲しいか言ってみな、覚えてたらとってきてやるよ」
ヒートはしみじみといいヤツだなー。

今はパールヴァティにやられたり、ナラシンハにやられたり、
遮光器土偶にやられたり、ベック大佐にやられたりしています。

アラハバキの終わる世界&ロストワード、怖すぎる。
そもそも万能と氷結以外無効ってびっくりするわ、鬼かー!
スキル構成によっては逃走しか選べません。罠ですな。

大佐の大千世界の風は衝撃属性だったのかな?
なんとなく万能っぽい気がして、ユピテルの怒りを電撃ドレインでターン反転させる方を選んだよ。
ラストのギガバイオレンス→カジャ系がきっつい。
クイズ好きなヒーホーくんがデカジャストーンをくれていたから、助かった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

DDS アバタール・チューナー2(その8) [DDSAT & 2]

四大天使を倒しに行くぞ!

手掛かりを探しに3回目のEGGに行ったら、ゲイル主役の逆転裁判が始まって笑った。
なにが「論理に矛盾がある」だよ。鉄面皮なナルホドくんだなー、大好きだ。
「つきつける」とかのコマンドが浮かぶ時点でライターの勝ち。
ゲイルVS部長派研究員の会話は、「如実に表している」とか「…天丼でもいいぞ」とか
ここだけ別のノリになっている。

逆裁でいう「ゆさぶる」の代わりに、「諭す」と「脅す」の二択というのもDDSATらしい。
スタッフはきっと狙ってやっている……と思う、たぶん。

「さっきから部長を呼び捨てにしているが、あんたは部長のなんなんだ」という台詞に大笑い。
いいツッコミだ研究員、わたしも訊きたい。
参謀はいつのまにか臆面もなくジェナを名前呼びになってるよね。
ユーザーの高鳴る期待を前に参謀はしれっと言いました。
「旧い友…そんなところだ」
さらっと躱したー!?(どよめきとブーイング)
「そうだったのか」って、おとなしく引き下がるんじゃない研究員!
どうして選択肢に「昔の男だ」や「ジェナはモロに俺のタイプなんだよ!」がないのか。
旧い友も悪くはないけど、大人はずるいな。

ちなみに「俺は奴の敵だ」を選ぶと研究員は口を割りません。
技術部長は忠実な部下を持っているんだな。

その後、サクッとウリエル(電撃吸収を付けて弱点のブフ系で攻撃)と、
カルマ協会でガブリエル(バッドステータスに苦戦した)を倒して、缶詰工場でラファエル戦。
ラファエルは「このファクトリーは違う」と言っていた。
彼らは種族名が飛天族じゃなくて大天使。

最後に夜空の下でミカエルと戦闘。
ミカエルの前にこれまで倒した大天使3体との連戦があって、
そこまではきちんと手順を踏んで行けば倒せるけど、最後の猛攻に耐えられず全滅した。

ミカエルは強い、物理スキルが痛い、侮ってすまなかった。
その上、メギドラオンまで使ってきて、え、ここでメギドラオン?ってびっくりした。
うちのパーティはLv55でHP400未満の人もいるんだが、適正レベルはどのくらいなんだろう。
ラクカジャやタルンダを使い過ぎるとミカエルの行動パターンが大変なことになるし、どうしろと。

それでも四大天使はいっぺんに戦いたかった。
んー、アイコン3つで4人同時に相手は荷が重いかな。
ミカエルの武器は槍で、あとの3人は剣。真2のパッケージと同じ大天使たち。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

DDS アバタール・チューナー2(その7) [DDSAT & 2]

広いぞ空港施設。地下もあるとは思いませんでした。
なにせ戦闘とダンジョン攻略に特化したゲームなので、
キャラ萌えもしくはストーリー燃えしていないと苦しい気がしてきた。
この先、大丈夫だろうか。
好きなゲームなんだけど、敵の弱点を一通り覚えるのもなかなか大変。
このまま勢いあるうちに突っ走ることができれば神ゲー、テンションを保てないとつらいかも。

空港施設の一部には暗闇が広がっていて、またライトマストーンが必要に。
ライトマストーン、コアシールド、リベラマスプレー、エストマスプレー、
……便利ピシャーチャがほしくなるな。

カルティケーヤ戦、カルティケーヤが風をまとうと孔雀が羽を広げるのが素敵だった。
デザインを活かした素敵なモーション。スタッフの人、巧い!
ボス戦でリフレクトが効くなんて普通は思わないだろう。

参謀と技術部長の心中シーン、ジェナの回想で、瀕死のデイビッドは歌っていたのね。
デイビッドの右手は石になっていて、そっと支えるジェナが可愛い。
このときのジェナが表情豊かで、もうしわけないけど可愛いのなんの。
ハリ・ハラの腕が貫通したあと、ゲイルの口を血が伝うのと、
ジェナの頬に返り血が飛ぶのが印象的だった。
エンジェルの方が動揺してるのも、支えるように肩を抱くゲイルも、
手刀を振るう瞬間に目を閉じるのもよかった。

「私に付き合って死ぬつもり? データのくせに」
甘いなあ、甘いよ! エンジェルさんたら瀕死の自分を冷静にわかっていながら。
またこのときゲイルが自分から後ろに倒れていくのが。刺されても持ちこたえていたゲイルが、
自分からエンジェルをかばってそっと背中向きに倒れていくみたいに見えた。

ジェナはデイビッドのこと、「あの人」って呼ぶんよ。どんだけ大事にされてたのか。
ゲイルを目の前にしたエンジェルの動揺ぶりが愛い。
こりゃ、デイビットも彼女を放って成仏などできんわ。

いつのまにか、脳内ではめくるめく参謀×技術部長の馴れ合い以上恋愛未満な妄想が。
あの後、ジェナとゲイルが一緒に倒れているのを発見されちゃったら、
どう見ても抱き締められてるもの、言い逃れできないよな。
「ええっ、なんで心中してるんですか!?」「ていうかその男はなんですか!」
後世の歴史で、カルマ協会の技術部長は行きずりのアスラと心中しましたと記録されるのか。
参謀と技術部長のいちゃらぶが見たい。そんなシーンはないだろうがな……。

空港施設からHAARP施設へ移動。
シエロはよくがんばった。空中戦のムービーは、ミサイルの動きが素敵だった。

アルダーのアートマ、クラリオンは、ハリハラのメイルシュトロムに少し似てる?
渦巻きが同じだ。
そういうわけで太陽まで来たのでした。
ゲイルやシエロが抜けた後、サーフとセラで残りのダンジョンを踏破できるか心配だったけど、
すぐにみんなに合流できてしまったよ。

太陽で再会したエンジェルは美人で可愛い。
雰囲気が柔らかくて、三界輪廻の継承イベントはジェナが本当に綺麗だった。
そして、ジナーナとルーパからの継承イベントで、ゲイルがやたら嬉しそうなのが気になった。
アルジラがジナーナに会えて嬉しそうなのは許す。

ゲイルとデイビッドが別の人なのは半分くらいルーパの影響と思う。
ゲイルが自我を確立するのはルーパとの会話で、誇りがキーワードなのが素敵。
それまでにもエンジェルの泣き顔を思い出して、何回か瞳に色が宿りかけるけど、
完全な覚醒には至らないんだよね。

セラフを見て「その姿も悪くねえ」と言えるヒートさん男前!
デイビッドと会話できるとは思わなかったです。

しかし、いったん空港施設のセーブデータに戻って、四大天使を倒しに行ってきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

DDS アバタール・チューナー2(その6) [DDSAT & 2]

DDSAT1&2は、あくまでも人間の物語。
業に足掻く人々と、いつか辿り着く解脱の話。
輪廻転生のシステムとしての神(太陽)は存在しても、意思を持った超越者はいない。

空港施設はゲイルとジェナ好きにはたまらないダンジョン。台詞の端々に萌え倒れ。
手が早いって言うなーっ!(三界輪廻) そこは「手を打つのが早い」だろう。
ゲイルは基本的にはAIに積まれた思考回路をベースに推察してるんだろうが、
どうにもあいつのこと(=ジェナの考えや能力)は分かってる感があって、ニヤニヤする。
随一の論理回路を持つアスラですから。

「少なくともそいつは、俺の腕がすべてを抱えるには短すぎることに気付かせた
(中略)シンプルで楽な生き方だ」と参謀が言うのですが、
これってペルソナ2南条くんの「俺は欲張りなんですよ、ほしいものはすべて腕に抱く」と対照的。
どちらも仲間を思いやる台詞だけど。

やはり大人向け「女神異聞録ペルソナ」な気がするよ。
マキちゃんが自分に都合の良い偽者の自分を作ったように、
セラは偽の他者を作って偽の世界を加工して、要は自分以外のすべてを作ったんでしょう。
人形遊びの人形に魂が宿って、リアルでも動き出したのでしょう。

DDSAT1&2はダンジョンをクリアするたび、パーティーメンバーやNPCの台詞が変わるのが楽しい。
街の人の台詞で世界の謎が少し解けたりして、凝っていて楽しい。

シエロシューティングは予想以上に難しかった。連射パッドをください!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

DDS アバタール・チューナー2(その5) [DDSAT & 2]

EGG2回目。
真ん中がセラで、ゲイルとシエロが左右を守るように並んで歩くシーンが好き。
二人がセラのナイトみたい。お兄ちゃん2人と末っ子みたい。
どろどろしたものがない分、この3人のパーティーは好きだ。

ところでサーフが再加入するときLv40で、他の3人はLv49だったんだけど、
すると普通はヴリドラをLv40そこそこで倒せる計算?
はっきりいってヴリドラさん、某所のマタドール先生のようでしたよ。
ヴリドラを倒せるようになるまでに7くらいレベルを上げましたよ。
このゲームはラクカジャを覚えるのが遅いので、大天使の加護がキモだなあ。
プレイヤーキャラクターとして、サーフとセラが同時に使えるとは思わなかった。

空港施設は、ダンジョン一フロアあたりの面積が広い広い。
扉のロック解除によるショートカットと、カルマ端末が要所にあるおかげで辛くはないが。
チェルノボグ戦は楽しくてよかった。自分のシャドウと戦うのは楽しい!
しいたけチェルノボグが自分の胸を付くモーションがいい。
ちょっと可哀想だけど、死神らしい良い演出だった。

こないだから気になっていたスキルの名前「ニガヨモギ」。
意味はチェルノブイリで死の象徴で黙示録に天より降ると書かれていて
蛇が通ったあとに生えて、聖なる草でアルテミシアだそうです。
アルテミシアとチェルノブイリが同じ属の植物だとは知らなかった。

空港施設は、ジオンガとアギラオ、ニューロクランチがあればどうにかなる。
ニューロクランチは覚えるまでに時間が掛かったけど、消費コストも高いけど、あると便利!
このゲームではテンタラフーよりも使い勝手が良い気がする。
うちのパーティーがジオンガ部隊なのは、ヴリドラさんが壁として鍛えてくれたおかげです。
ありがとうヴリドラさん。買ってよかったチャクラ金剛丹。

フレスベルクから弱点(電撃)が消えていたのはショック!
Steel Coffin では散々稼がせてもらったが、DDSAT1→2で弱点変更ってアリですか。

BGM、「KARMA」がいいな。甘くて苦い後悔と締念と覚悟の味。
ロアルドの最期は泣ける。
「カルマってやつは 巡り巡って最後は自分のところにかえってくる
 今度は俺の番 そうだろ、グレッグ…」
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

DDS アバタール・チューナー2(その4) [DDSAT & 2]

カルマ協会55階クリアしました。
DDSAT2のダンジョンとしてはまだ4つ目なんだが、長いダンジョンだった。
これ、DDSATから続けてやってるからテンション上がってて平気だけど、
真3で喩えるとオベリスクみたいなもんだよな。
さいわい面倒な仕掛けはないし、1階分のマップが小さいから耐えられるけど。
ちなみにカルマ協会の受付や本棚には、ジャックフロストの人形が置いてある。
どうして? マスコット?

ベリト×3の絶対コロスモードから抜けられないので、とりあえずLUKを上げてみた。
後で考えたら逃走すればよかった……。
セーブできたときの安堵感ときたらない。
おかげで偽のターミナル端末に騙されたときびっくりしたわけだが、そんなトラップ、アリですか。

シティ中枢部をクリアしあと、サーラパークにてアメリアに会った。
蓮華の花は売却価格39000。
マントラを買うお金はほしいけど、貴重な品みたいだからしばらく持っておく。
DDSAT1&2は、イベントごとに細かく仲間の台詞が変わるところが好き。
ここでゲイルが「ジェナ」呼びになっていてちょっと笑った。
わたしはゲイルとエンジェルのひやひやしたラブが好きです。
この時点で技術部長の意図を読み取れるのが参謀の偉いとこ、それでは寒すぎるって。

ヒートも好きだが、ロアルドの声も素敵だ。
ヒート戦は、サーフに火炎リフレクトを付けて行ったらヒートが吸収するし、
こりゃいかんと思ってサーフを引っ込めたらヒートが怒るし、
ランチアピーズやアイスボールを使いまくりでした。
火炎ブレイクにしておけばよかった。

技術部長が左手を見つめてセンチメンタルしてるのがよかった!!
ほんとポリゴンがよく動くというか、感情の微妙な揺れが動作と表情で伝わってくる。
台詞以外で分からせるのが上手い。
DDSAT1のラストで部長がゲイルに差し出したのは左手なのね。
ヒーホーくんといい、左手利きの人が多い気がする。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

DDS アバタール・チューナー2(その3) [DDSAT & 2]

EGGにて。
セラには鎮魂の歌を歌わせるって。

エンジェルはセラが自分そのもの、自分単体から発生した娘だから冷静になれないんじゃないかな。
ゲイルがお父さんっぽいなのは、セラがエンジェルの娘だからか。
ゲイルとデイビッドの単純にコピーとは言い切れない関係が好きです。
デイビッドがやり残したこと、できなかったことを、ちゃんとゲイルが片付けてる。
参謀はデイビッドにも優しいな。

「あまり賢しいのも考えものだな。詮索はそのくらいにしておけ。」
技術部長カッコいい!
「誰が悪魔化ウィルスを構成したと思っている?」
前作ラスボスをあなどるなよ!
しかし、自分に悪魔化ウィルスを照射してハリ・ハラになるあたり、部長は吹っ切れてるなあ。
エンジェルもたまには飢えに駆られて食らったのかしら。
どうも、デイビッド失ってやさぐれたぽい。

「Pray」はデイビット→ジェナ→セラと引き継がれたみたいで、それはそれでときめきポイント136。
ジェナが哀しそうに歌っていたっていうのがね! セラにそんなスキを見せたっていうのがね!
鋼の技術部長がいつそんな感傷に身を任せたんだい。

ジェナのアートマはメイルシュトロムで、変身後はヴィシュヌ+シヴァのハリ・ハラ。
維持と破壊と再生を司るんだろうか、ジェナらしいなー。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

DDS アバタール・チューナー2(その2) [DDSAT & 2]

シエロを仲間にして、缶詰工場に捕まっていたローカパーラのメンバーを助けました。
缶詰工場はおそろしい施設だった……、特にクパンダ所長が。
所長との強制チェイスイベントがあるんだけど、追いかけられると軽くパニックになる。
泣きながらコントローラーを握りしめた。

工場クリア後、地下街にて、「葉っぱならいいのかよ!」
シエロ……。
切なくていいテキスト。わたしたちがいつもスルーしている不動の原理を突き付ける。
里見さん、こんなテキストも書けるんだ。
これ、『女神異聞録ペルソナ』の
「お兄ちゃんたちなんで生きてるです? 生きるって苦しくないですか?」に対する、
もう一つの解答のような気がする。
DDSATでサーフがアルジラに言った「生きて、生きて見つけるんだ、その答えを」が
「その答えを探すため」と同じ意味とすれば、ゲイルの台詞は別の角度からの解答でしょうか。

「同族じゃなきゃいいのか?」
命が命を食らうシステム。命を缶詰にして食べる社会。
「お前の命に価値はあるか? 命に価値があるとすれば、今まで食らってきた命に対する責任だ」
収容施設のことはある程度知ってたから平気だったけど、後の台詞が沁みるなあ。
だってそれはプレイヤーにもかかわる言葉だから。ベジタリアンだって変わらない。
葉っぱならいいのか、同族じゃなきゃいいのか。

ところで、カーシー、ガンガー、ウルベリってどういう組合せ?
トリブヴァーナのことですが、一度目は負けたー。くやしい。
ガンガーの弱点はテラ、カーシーはアギ、ウルベリはザンだったかな?
この悪魔たち、ペルソナ3で見たなーと思ったけど、ポリゴンの初出はDDSAT2だったのか。
DDSAT1&2は、真3とペルソナ3の間のミッシングリンクが見つかって楽しいです。
火炎ブースターとかメシアライザーとかのネーミングも初出はこちらだったのね。
敵が怯むのも。

ゲイルはパーティーのまとめ役だと思う。
ローカパーラとの対談といい、プラント脱出後のフレッドとの会話といい、ゲイル主役でもう大変でした。
サーフがんばれ。
「そうだな、お前の言うとおりだ」って、サーフなにも言ってなくない?(笑)
ボスの意志を受信できるゲイルはよくできた参謀。
このとき、ボスが怒ってるゲイルの肩にそっと手を置くのがよかった。
「ルーパが報われん」
抑揚の利いた声が素敵。
「俺は初めて嘘というものをついたかもしれん」
ここでフレッドがゲイルに縋って泣くのがいいなー、ゲイルがお父さんぽくて。

ところで、金子絵のあの色気はなんだろうな。
たとえば爪がキチンと塗ってあるような些細なところから発生する色気。ツヤと言ってもいい。
パリコレに使われるモデルのような、一種奇矯な美しさ。
キャットウォークを歩くスーパーモデルのような、気合いのこもったケレン味と迫力。
ああ、それならマネキンと言われるのは適切な比喩かも。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム