So-net無料ブログ作成
葛葉ライドウ 関連 ブログトップ
前の10件 | -

「デビルサマナー葛葉ライドウ対隻眼化神」前・後編 [葛葉ライドウ 関連]

ライドウのドラマCD、よかったよ!
それぞれのスタッフがライドウの世界観を大事にしていることが伝わる良作だった。

ドラマCDってめったに聴かないけど、キャストにあまり違和感がなくて、
ストーリーはコテコテで、(ああ、『ライドウ』って特撮だ)と改めて思いました。
追い詰めた敵が巨大化するような、古く良き特撮。

ジャックフロスト可愛い、ナーガラジャやんちゃ、アマツミカボシ涼しげ、アルラウネ姐さん色っぽい。
「全国の皆さん、こんにちは」で始まる異邦人口調のナタクもいい。
後編では満を持してモコイさんも登場。
仲魔ファンディスクとしても楽しめます。

ヴィクトルの渋さとマッドサイエンティスト加減も素敵。
ゴウトの台詞に、ときどき「にゃーん」って猫の鳴き声がかぶるんだけど、
それが不意打ちで可愛い。声とのギャップで、より可愛い。

後編のおまけには試聴用のオリジナルミニドラマ3編も収録されてます。
もし続きが出るなら、また聴きたい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

『デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 死人驛使』 [葛葉ライドウ 関連]

デビルサマナー葛葉ライドウのノベライズ。

金子絵の折込ミニポスターと、
「ゴウトはかつて大山椒魚だったことがある」という設定だけで満足です。
むちゃぶりでしょそれはと思いつつ、両生類しているゴウトを想像すると、和む。

ライドウの性格が生真面目ながら、とぼけているのがゲーム本編とも共通していてよかった。
基本的には使命の遂行に徹しているのも良し。
3つのしもべ、じゃなくて3体の仲魔もいい味出してます。
本編だとジャックフロストに押され気味なジャックランタンが、小説でがんばっていた。
ドアマースとランタンが口ゲンカしているシーンも可愛い。

超力兵団へと続く話なので仕方ないかもしれないけど、ラストが唐突ですっきりしないのが残念です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

「デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団 超公式ふぁんぶっく」 [葛葉ライドウ 関連]

『デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団』の公式ファンブック。
この本のスタッフは女神転生の世界が好きで、ライドウも好きなんだろうな、という安心感があります。

たとえば用語解説が500項目以上もあって、「4WD」から「和電イ号基」まで
ゲームの理解を深める上で役に立つような立たないような説明がたくさんあるんだけど、
そのうちの一つ、「壺」には、【仲魔が単独調査で調べると、壺の中を覗き込んで
吸い込まれそうな気がすると、ちょっと可愛いリアクションが見られる】という解説があって、
べリアルが大道寺邸の壺を覗いている画像に、「ベリアル大丈夫?」というコメントが付いてる。
そういう芸の細かいところが楽しい。

絵師さんのコメントや帝都遊覧(街&ダンジョンデザイン)の開発者コメントも興味深い。
オオマガツ/ヤソマガツは全長230メートル。
この本を読んで「ライドウ」のピースが埋まった気がしました。

そういうわけで、アバドン王のふぁんぶっくもぜひ出してください。

アバドン王の攻略本に挟まれていたアンケートはがきの最後の設問が
「悪魔を見たことがありますか? 場所、時間、状況を具体的に教えてください」で、
さすがアトラス×ファミ通は質問の中身が一味ちがうなあと思ったの。
きっと次のふぁんぶっくで活かされると信じてます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

葛葉ライドウ対アバドン王(その9) [葛葉ライドウ 関連]

アバドン王2周目最終回。
ルシファーは格好つけて名刺をくれました。
わー、カッコいいい。
ドミニオンとルシファーの特殊会話は、両者とも心に余裕があって意外に冷静なやりとりでした。

今回は日和見なライドウなので、ラストダンジョンではアスタロトと戦闘。
そのまま一気にラスボスを倒してエンディングへ。
ああ、楽しかった。

あとの心残りは切れ者ルートとマサカドさまとKING・ライドウモードだけど、
遊びつくすとそれきりになってしまうので、別の機会に取っておきます。

それで、ライドウのジャンルがアクションRPGなのは、
他シリーズとの住み分けと新規ユーザー獲得のためだと思っていたけど、
今回も真シリーズやデビルサマナーシリーズの小ネタがあちこちにありました。
自分の気持ちに正直に生きて、正直ゆえに多くの敵に囲まれるのは、まるで誰かのことみたい。
アスタロトが高笑いとともに登場するのも、旧シンジュク薬局店員も、真1・2つながりではないかしら。
つまり何が言いたいかというと、
アバドン王と真3クロニクルで盛り上がっているうちに真4を出してください、ということです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

葛葉ライドウ対アバドン王(その8) [葛葉ライドウ 関連]

ライドウはウカの御札を手に入れた!
ヨモツイクサをストックから外したら、悪魔会話3回目くらいで依頼発生。
あの依頼って石神内網細洞でしか発生しないの?
ウカノミタマは仲魔として登場しないのかな。
稲穂を持っているイラストが可愛くて好きでした。

今は延々と石神稲荷に貢いでいます。肝をくれー。
もう4~5万円貢いだけどなかなか出なくて、ときどき魔力の香が出るのでリセットしづらい。

その後、PS2本体の電源を切って再開したら、10回目くらいで肝が出た。
これで「ヒフミさまのお薬」完了。

「最強の剣を作るのだ」
カナヤマさまのイベントは隣りに龍穴があるのが親切。
そのへんの焦げ跡はタタラ跡?
せっかく鍛冶に関わりのある悪魔が揃うイベントだったので、もっと仲魔に喋ってほしかった気もする。

アスラおうは堅くて強かった。
火炎吸収+精神無効のアマツミカボシがいてよかった。

妖精夫妻による永眠コンボで説教部屋。
ティターニアのドルミナーとオベロンの永眠の誘いが鮮やかに決まって感動しました。
夫婦の共同作業ってこういうことかー。

今回はせっかく2体同時に召喚できるから、悪魔同士の合体技があったらよかったな。
ライドウと仲魔の合体技はあるけど、ゴズキとメズキとか、クーとタムとか、
ケルベロスとオルトロスのコンボがあったら燃えませんか。
改めて考えてみると、自分は合体剣や真剣をほとんど使わずに来てしまった。
発動に少し時間かかるのと、演出が単調なので、あまり使おうと思わなかった。
使わないスキルがあってもクリアできるバランスなのは良いね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

葛葉ライドウ対アバドン王(その7) [葛葉ライドウ 関連]

アバドン王2周目、残りの別件依頼を進めています。

「死者の復活」でオオクニヌシがヘブライ神族とか言い出したからびっくりした。
いつも涼しい顔のオオクニヌシだけど、国津神としての想いはあるんだな。
ちなみに呪いの効果が再開される100年後は西暦2030年。

「とりあえず悪魔をよこせ」で譲ったメギドラオンを継承したピクシーは、
将来、ソウルハッカーズの王国屋で報酬としてもらえる子かもしれない。
メタトロンからエアロスへ継承させて、タム・リンをエアロスでランクダウン合体。
それにしてもメギドラオンはマグネタイトの消費が鬼のよう。160って。
ベルフェゴールみたいに魔力の高い悪魔なら破壊神のゆえつと魔弾の射手付きで
2000overのダメージを叩き出せるけど、普通のピクシーの魔力では期待できない。
万能属性だからマグネタイトが回収できないし。
しかし、メギドラオンの演出は星辰図みたいでカッコいい! 今回、一番ときめきました。

ヨモツイクサとまともな会話が成立しないので、ウカの御札の別件依頼が始まらない。
異邦人口調の仲魔がパーティーにいるのがいけないのかしら。
アレティアはカゲボウシがかなり落としてくれるんだけどなー。
運喰い虫が13匹のとき、異界筑土町とラストダンジョンで遭遇したら拾えた。
それはありがたいので「ウケモチます」も誰か依頼してくれないか。

金髪の青年が持ってる鞄は口金が山羊で、頭には五芒星が刻まれていた。
赤いラインの正五芒星。そんなあからさまな……。
「誘惑の鞄」と呼ばれていたような気がするんだけど、不思議なネーミング。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

葛葉ライドウ対アバドン王(その6) [葛葉ライドウ 関連]

結局、普通に2周目を始めました。今回は目指せ右回り。

昨日はガシャドクロさんに石化から殴られて説教部屋。
プレスターン制じゃないから、気付くと石化していることがときどきある。
ムドはあるのにハマがないのは、ライドウがハマ無効な人間だから?

公式サイトで金子さんがご当地フロストを描きたいと軽くおっしゃっていて戦慄。
都道府県制覇を目指すんですか?
キングフロスト、フロストファイブ、フロストエース、ルシファフロスト、
じゃあくフロスト、ライホーくん……いくつネタがあるんだろ。
クズノハの巫女レイホーくんは、実はすでに金子さんのらくがき帳にいるんじゃないかという気がする。

堅固牢に幽閉されている弾に話しかけたら、金髪の青年の話題が出た。
「見た目はぁライドウと歳かわんねぇ
外国人の兄ちゃんなんだけどな…
全国を武者修行してる最中に
こん槻賀多村に立ち寄ったらしい。」
全国を武者修行にまずツッコミたい。
今さらなにを修行するのさ、俺より強いやつに会いに行くのか。
たぶんこのひと、全国を人材発掘&スカウトして回ってる。

天主教会で金色の髪の毛を入手。
そんなおっかない罰ゲームもとい名誉の単独調査は、
アトラスの看板を背負って立つジャックフロストにやってもらいました。
>金髪の青年は悪魔に気づかないフリをしている…
ええー、さっきうちの仲魔と普通に会話してたでしょ。

金髪の青年に擬態するときのコマンドは、「お声を掛ける」。
悪魔や蟲人にお声をかけると簡単に大金が手に入るので、とてもありがたい。
しかし、冷静に考えるとあれですね、カツアゲのようだ。
真3のカーリーとヤクシニーの特殊会話みたいなの。上納金。

別件依頼「七つめのラッパと永遠の王」
ベルゼブブの色が変わっていたのがショック!
あの三原色を使いながらまとまってるファミコンカラーに愛着があって、
虹色の羽に髑髏マークが浮かぶのが好きだったの。
今回のカラーリングは渋い色使いで保護色っぽい。羽が柔らかそうに羽ばたくのも意外。
そして、わざわざ蝿王らしい口調を変えてくれるルイさんのノリの良さに感服しました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

葛葉ライドウ対アバドン王(その5) [葛葉ライドウ 関連]

クリアしました。
60時間、レベル93、左回り。

ラスボス戦は敵の攻撃を避けるのがちょっと面白かった。
倒したあと、ライドウの足元でゴウトが尻尾を揺らしている、いい絵だった。
今回は最後までゴウトが隣にいてくれたなあ。

最終話でモチベーションはやや低下。
シナド様が何度も現れてしつこいし、ライダーズと何回も戦う必然性はないと思う。
帝都の状況にもスポットライトを当ててほしかった。
う~ん。今回のテーマはパッションとは違うんだな。
運の格差と将来への不安という主題はいいと思うんだけど、料理の仕方がちょっと乱暴。

惜しかったところ。
ごめん、ライドウやタヱちゃんのポリゴンは微妙な表情が「超力兵団」の方が好き。
音楽はすでにある曲を新しい場面に当てはめているので、強引に感じる部分がある。
デビサマやハッカーズのアレンジ曲は嬉しいけど、
このシーンのために作られた曲じゃないというのがあからさまというか、
とりあえずループさせてほしかった。
道具の所持数規制、牛黄丹12個とソーマ1個しか持てないのは残念。
でも、アバドン王はかなり限られた予算と時間とスタッフで作ったんだと思うんだ。
だから、嫌いになれない。応援したい。

よかったところ
戦闘がサクサク。移動がサクサク。
悪魔の動きが個性的で見てて楽しい。
ティターニア・オベロン夫妻をはじめ、悪魔たちの会話がらしくていい。
トウテツ肩車は感動した。なんでも食べて、メギドもできちゃう。
別件依頼が楽しかった。
悪魔同士の特殊会話発生はわくわくする。
ギフトイベント大好き。
すわっの口調もいい。
スカアハ師匠は口調がお姉さん(麗人)になって嬉しいけど、できれば女傑を希望。
サティさんのおばちゃん口調は近所のきれいな奥様(小学生のママくらい)って感じで好き。
エンジェルのデザインがアバドン王で新しくなっているのは嬉しかった。
モコイさんは相変わらず素敵。帝都土木局下水課のモコイさん。
要は仲魔が好きなのね。

あ、麻雀する隙がなかった。
そのせいだったのか、ラスボス直前まで金欠だったのは。

さて、あの御方に会いたいんだけど、2周目の前にクロニクルかな、どうしようかな。
全7章を駆け抜けてボリュームがちょっと物足りなく感じるんだけど、
これは速やかに2周目をやれということでしょうか。
アトラスさん、『アバドン王 祝祭』をお待ちしてます。もしくは速やかに第3作を。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

葛葉ライドウ対アバドン王(その4) [葛葉ライドウ 関連]

最終章「底無しでの誓い」
ラストダンジョンまで来ました。7章分のシナリオが短く感じる。

今回のラストダンジョンはとっても金色。
ダンジョン内をワープできるポイントがいくつかあるので、
いったん買い物に出てもラクに探索済みの場所まで戻れて便利だ。

クリアの前に別件依頼を攻略中。
現在、「あの子の幸せをねがって…」のアリス戦が終わったところ。
仲魔にした魔人属アリスが、
「こういう気持ちってなんて言うんだっけ、え~と、え~と……
サツイ?」って言っていました。
こういう台詞の外しっぷりは相変わらずいいセンスだ。

迷子になったモー・ショボーが帰ってきたときの破壊力もすごかった。
さみしくなんかなかったもん! さっさと行くよ、ニンゲン! みたいな。
勢いづいて仲魔に単独捜査を指示しては、次々と穴に落としやる十四代目。
若人の台詞にちょっと焦って、偉人の反応にニヤニヤ。
迷子の仲魔が戻ったときの台詞に個性が出ていて、楽しい。

別件依頼「帝都のツキガミさま」のVSヤクビョウガミ戦の後、
1000年前に初代が行った方相氏ほど壮麗ではないが、見事だった、
とゴウトがほめてくれました。ゴウト何歳やー。
もしかしてマサカドよりヨシツネより年上?

別件依頼「闇の王子」で、モトのお子さま口調再び。
「パパみたいなマオウになって帰ってくる」とか言ってますが、
ソウルハッカーズでは棺桶に引きこもってお子さま口調だったから人見知りな子かと思って、
次に真3の議事堂であれは間違いだったんだなと思ったら、
アバドン王でもう一度ひっくり返された気分。

ところで女神異聞録デビルサバイバーが発表されましたね。
2008年になって、女神異聞録の冠が付く新作が発表されるとは思わなかった。
ジャンルはSRPG、ハードはDS、略称はデビサバでしょうか。
SRPGと言ってもいろいろだから今の段階ではなにも言えないけど、面白いといいな。
うちのDSがひさびさにはたらく日が来るのは歓迎です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

葛葉ライドウ対アバドン王(その3) [葛葉ライドウ 関連]

第六章「葛葉の道理」
妖精王国のアポリオンを退けたら、妖精夫妻がルナブレードをくれた。
ルナブレードは自動回復の機能付きで便利。
ティターニアがアバンチュールの相手に欲しがるのはともかく、
オベロンが小姓に欲しがるって、どんだけ美形だライドウ。

それから温泉宿でタヱちゃんに好みのタイプを聞かれて、
タヱちゃんが好きだと答えたら、大人の対応で軽くあしらわれて凹む。
モロにタイプなのは伽耶ですが、タヱちゃんのことも尊重しています。
明るく元気なおねえさんは帝都の平和の象徴です。

モコイさんのブーメラン、強い。
当たるとダウンしてしばらく行動不能になるのが痛い。
モコイさんは、ウルルの石や故郷では畏れられてる話を聞かせてくれた。
レベルアップ時にイスタンブールのお土産をくれて、
そうか、前に「行きたいね」と言っていたイスタンブールに行けたんだね。

ところでアバドン王のライドウは何体の仲魔をストックできるんだろう。
どんどん管が増えるし、召喚できる仲魔の数がすごく多いみたいで、もしかして20体以上?
デビルカルテによる仲魔の登録と閲覧(召喚)は今回もあってよかった。
せっかく育てた仲魔の記録は残しておきたい。

悪魔合体の継承システムは、思い出特技が自由に選べるのは便利だけど、
やっぱりある程度の縛りがあってもいいな。
継承順位や継承不可のスキルなど法則があるといい。
でも、いったん楽を覚えたら、元に戻るのはつらいだろうなあ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の10件 | - 葛葉ライドウ 関連 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。