So-net無料ブログ作成
グリムグリモア ブログトップ

グリムグリモア(その3) [グリムグリモア]

『グリムグリモア』、クリアしました。
FINという表示はあったけど、やり残したことがあるような気がして、
でも充分作品としてまとまっていたし、楽しかったので、良しとする。
ストーリーがきれいにまとまってスパッと終わるのも気持ちいい。

さらにやり込みたい人のためにはプラクティスモードがありますが、プラクティスモード難しい!
難易度星3つ(☆☆☆★★)でも、本編の終盤より難しい。
本編は一度失敗すると攻略のヒントがもらえるから、バランスが取れていたんだな。
そういうわけでプラクティスモードは諦め気味です。

シナリオ分岐がないのが残念だけど、『グリムグリモア』はアドベンチャーゲームじゃないものね。
3ループ目ではリレとバティドがいい感じと思ったんだけど、
最終的にはリレとアマレットがくっついて、バティドは同窓生どまりみたいだ。
どっちのシナリオも見たかった!
けど、このシステムで何度も戦闘するのはツラいので、一本道でよかったんだと思う。

リレとアマレットの会話はほのぼのしながら見てたけど、リレが危険な場所に潜入するときに、
「ここで待っていて。約束をやぶったら、私、今夜はソファで寝るからね!」と
アマレットに言って行くのには笑ってしまいました。
それ、仲良しカップルがケンカした晩の台詞だよ。

アマレットは品のいい美人なのに、素の受け答えがピントずれていて可愛いです。
シャルトリューズ先生にリレについていくことを宣言する場面など最高だ。
人工生命体好きにはたまらん。
オパールネラ先生は可愛い。
アドヴォカート先生は唯一、リレと「共犯」っぽい関係になってくれるところがいい。
脇役もみんな魅力的な良作でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

グリムグリモア(その2) [グリムグリモア]

4ループ目になりました。
さすがにステージの難易度が上がって簡単にはクリアできない。
敵の属性との相性も重要になってきた。ぼちぼちがんばります。

召喚獣(?)では、グリマルキンとドラゴンがコンビで可愛い。
グリマルキンが眠らせた敵をドラゴンが焼き払って行くというコンビ芸。
ブロブはふにゃっとした顔で働きもの。ホムンクルスも使い勝手が好き。

アマレットは可愛いなあ。意外と露出度高くて過激な衣装。危険。
まっしろな心と、運命を知っているゆえの冷静さが両立していて、いろいろと罪作りな人です。
最初はアドヴォカート先生に露骨に迫られていたから、誘惑的な存在なのかなと思ったりもしたけど、
アマレット×リレですよね。いやおうなしにね。
悪気なく迫ってくるアマレットに負けてベッドから落ちて鼻を打つリレはとてもいい娘だ。

リレはいいと思うんですよ。前向きでしっかり者だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

グリムグリモア(その1) [グリムグリモア]

『グリムグリモア』、始めました。
オープニングでベイシスケイプのロゴが出て、
ゲームスタートの前に開発元ヴァニラウェアのエンブレムが表示されます。

取説の背表紙に描かれているグリマルキンが、『オーディンスフィア』の黒猫ソクラテスっぽくて、
ディスクに描かれているリレのタイツがアリスとよく似た黒×紫のシマシマです。
ゲームシステムは、『オーディンスフィア』と全然違うけど。

『グリムグリモア』は陣地(魔法陣)の設置と使い魔の召喚で
マナを運用しながら敵の魔法陣を消滅させる、リアルタイム陣取りゲームです。
正式なジャンル名は魔法ファンタジーRTS(リアルタイムシミュレーション)

ヒロイン、リレ・ブラウは魔法学院の新入生。
入学から5日目にいきなり学院の崩壊を向えてあえなく人生終幕のはずが、
なぜかリレの記憶だけを残してすべてが入学初日に戻ります。
何度も繰り返される5日間のループ。
登場人物はみんな秘密を隠し持っていて、5日間を繰り返すうちに少しずつそれが見えてくる。
リレは手に入れた情報から取るべき行動を変えて、解決の道を探すという謎解きストーリー。
シナリオは一本道みたいだけどね。

アマレット可愛い。憂いの声と表情のわりに、衣装が意外とセクシー。
バティドはいい奴。バランタインという姓に深い意味はないのかしら……。
アドヴォカート先生の一筋縄でいかないところが好き。
ガンメル校長にへりくだってみせるくせに、実力とプライドがあって矯慢だ。このトリックスターめ。

リレのネグリジェ姿が可愛い。
夜の場面では服装がシンプルな白い夜着に変わるんだけど、ひっそりと気合いが入ってる気がした。

それでBGMはベイシスケイプが担当しているのですが、
ゲームをしているうちにこれしかないって思えてくるのは、さすが。
オープニング曲なんてあっという間に刷り込まれた。
「深刻な事件発生」は、ホーンテッドマンションでゴーストたちがくるくる踊っているようなイメージ。
ティム・バートン監督作品に似合いそうな、墓場の住民たちによる陰気で陽気なダンスというか。
この学園は悪魔を封じた上に建っていて、建物自体がお化け屋敷みたいなものだから、ぴったり。
「焦燥」もシリアスな曲だけど、ときどき音が明るくてアダムスファミリーっぽい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
グリムグリモア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。