So-net無料ブログ作成
検索選択

劇場版『魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』 [雑感]

劇場版『まどか☆マギカ』の映画を観てきました。
マミさんとほむらちゃんのGAN=KATAシーンがカッコよかった。
戦闘シーンがスピーディーでダイナミックで、無数に走る銃弾の軌跡が華やか!
映画館の迫力で見られてよかったと思うと同時に、一時停止しながら見たいなあと思った。

映画が始まる前にP3の予告が流れていたので、ほむらが銃口をこめかみに当てて
引鉄を引くシーンで「ぺるそなー!」と思ったことは内緒。
あれ、本気で吹っ飛ばしているよね。魔法少女はソウルジェムさえ無事なら大丈夫とはいえ、
ほむらは痛みも恐怖も振り切っているんだなあと感じられて、覚悟が見られて好き。
こうしたら巴マミは動揺するだろうと確信しているほむらからマミへの自覚のない信頼も好き。

映画版のさやかはオクタヴィアも自分の力にしていてカッコよかった。
かつて魔女だった自分さえ認めて受け入れているように見えた。
ほむらの追及をいなしながら水たまりの水を跳ね上げて水滴と戯れるシーンが、
今までのさやかちゃんのイメージとはちょっと違って、なんとなくミステリアスで、
あれ?、と思ったらオクタヴィアが現れて、わあっとした。
さやかは叶わなかった恋の痛みと後悔をほのかに浮かべて騎士しているときが、すごく魅力的。

なぎさも、シャルロッテかつベベな自分を嫌いじゃない感じで、前向きでいい。
ベベの姿でもマスコットとしてお役立ち。マミさんとの共同生活楽しそう。チーズ語可愛いです。
なぎさの姿でもマミさんと仲良くしてたらいい。

杏子ちゃんはさやかの家に居候しているらしいよ! すごいよ、あの理想の世界!
杏子とさやかがまどかの周りを追いかけっこしてくるくる回る登校中のシーンは、
できたてのカップルみたいな二人の世界でどうしようかと思った。
それから、杏子がほむらに食べ物を渡すシーンが好きだ。
食べ物を差し出すのは気を許している相手って感じがする。
人差し指と中指でポテトフライをキャッチするほむらちゃんカッコいい。

まどかがことあるごとに天然でほむほむの心にクリティカルヒットな台詞を言うので、
そのたびにほむらちゃんの心が折れる音が聞こえる気がする。
もうやめて! とっくに暁美さんのライフはゼロよ! 
ほむらにはまどかしかいないけど、まどかには家族も他に友達もいるのだよね。
まどかも甚大にほむらのことが大切だと思うけど、
ほむらの思いの深さと、まどかとの絶望的な意識の差に同情する。

ラストシーンでほむらちゃんが全然幸せそうじゃないのが萌える。
もうこれ、ほむらはまどかに滅ぼされたいんじゃないのか。

この世でたった一人の大事な存在に幸せでいてほしいという気持ち。
それが独善だと気が付いているがゆえの罪悪感。
目をつむって自分の作った偽物の幸せに浸れるほど鈍感ではないから孤独。
好きすぎて拉致監禁というベタな王道すぎて最高である。
ほむらはひとりでいろんなものを背負わされちゃって大変だ。

TVシリーズの後半でほむらがまどかに「こんな世界、何もかもめちゃくちゃにしちゃおっか?
(中略)それはそれで、良いと思わない?」 と涙声で訴えるシーンが好きで好きで、
追い込まれぶりが可愛いなあと、萌えの瞬間最大風速が吹き荒れたのだけど、
今回の映画でもスタッフはもう、本当に薄暗いココロのツボを的確に押さえてくる。
王道というかなんというか、すごく、見たいと思っていたものを見せてもらった感じだった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ローザンヌ国際バレエコンクール 2004 [雑感]

数年前、偶然付けたTVで、ローザンヌ国際バレエコンクールの番組を見た。
バレエの知識がまったくなかったから、課題に現代的なダンスが含まれていることに驚いた。
コンテンポラリーダンスという言葉を知ったのはそのとき。
韓国の16歳の女の子が踊っている様子が、素敵だった。

以来、彼女の名前が知りたくてときどきネットで探していたんだけど、
今日久しぶりにぐるぐる検索したら、ローザンヌの公式サイトに動画が載っていた。
http://www.prixdelausanne.org/movies/index.html
Prix de Lausanne 2004 Final の41分から。

曲名はスネーク・センス Snakesense
Cet Merlin, Tricky Cris 作曲、 Regina van Berkel 振付
いきいきとして楽しそうで生命力を感じるダンス。
この課題曲で踊っている出場者は少なくて、なのに彼女は自分のものにしていて、
そのときだけ、コンクールじゃなくて彼女の舞台になっていた。
一つ一つの動きがきちんとコントロールされていて、演武みたいに綺麗。
自分は殊更バレエに興味があるわけじゃなくて、ローザンヌのルールもわからないけど、
彼女のダンスにはみとれた。

72分からのダンスも迫力があってカッコイイ。
薄青のステージの上に、黒い髪と朱色の衣装が映える。

名前は、YI-JEE JANG (チャン・イジ)さんでいいのかな?
彼女はこのコンクールで、コンテンポラリー賞になりました。
2010年のローザンヌ国際バレエコンクールは、1月26日~31日に開催されるそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ヒマラヤの青いケシ [雑感]

書店で見掛けた『家庭画報』の表紙が、メコノプシスの花束に見えてびっくりした。
メコノプシスってあんなふうに他の花と混ぜて束にできるほど、市場に流通してるもの?
無造作に見えて実際はかなり本数を使っている。
リンドウ、デルフィニウム、ラベンダー etc でまとめた青の花束。
雑誌のページをめくって表紙写真の解説を探したけど、見つからなかった。
それとも近所の花屋では見掛けないだけで、
全国的には(もしくは世界的には)意外と流通しているのかな。

そうやってパラパラ見ていたら、
伊藤若冲の絵が自動車の広告に使われていて視線が引き寄せられました。
NISSAN セルフィの背景に伊藤若冲、いい趣味してる。


名もなき苺 [雑感]

宮部みゆきの『名もなき毒』が本屋さんで平積みになっていますが、
あのタイトルロゴを見ると脊髄反射で『名もなき妻』に見えて困る。
新聞連載中も同じロゴが使われていたけど、見かけるたびに同じように読めて困ってた。

『名もなき妻』。
これはこれで深いと思うがどうか。
謎掛けになったタイトルと言えないだろうか。
現代の家族のありようを描いた社会派ミステリーではないか。
宮部みゆきが書いてもおかしくない題名だと思うが、いかがか。

↑のように、わたしの脳が、誤解を勝手に発展させて持ち主を困惑させます。

裏を返せば、このロゴがあまり毒々しくないため、そう見えるのだと思います。
ちょっとレトロな雰囲気で、宮部さんの作風に合った良いロゴと言えましょう。
『名もなき妻』でぐぐったら同じように誤解していたという例が何十件もヒットして、
深い共感を覚えました。

宮部さまは、今も別の連載を新聞に掲載してますよね。
本当に安定してよく働く作家さんだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

謹賀新年 [雑感]

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
2007年も楽しくゲームができて、面白い本が読めたらと思います。

今の自分に必要なものは、去年から積んであるソフトや書籍と向き合う時間だ。
時間を作れる人になりたい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヴェロシティをもとめて [雑感]

今月に入って、『マルドゥック・スクランブル』全3巻が、
本屋の入口付近や正面の目立つ場所に置いてあるのをよく見ます。

最近の『スクランブル』には新しいオビが巻かれ、
「『マルドゥック・ヴェロシティ』11月8日発売!」と書いてあり、
ハヤカワ文庫の並々ならぬやる気を感じるのですが、
気が急いたわたしは昨日4件の本屋を回り、本日1件の本屋に寄り道し、
店内に見当たらないので店員さんに確認した途端
「今月発売のハヤカワ文庫はそこに置いてあるだけですよ」と言われて、
手に入らなくてしょんぼりしました。
自分が持っている『排気』(6刷目)のオビには「来春刊行!」と書いてあるんだが、
まさか今さら発売延期しないよね。

冲方丁はいろいろなことに手を出しているけど、
結局、わたしは『マルドゥック・スクランブル』が一番好きだな。
この人の作品を読もうと思ったきっかけは、2巻のルーレットの場面でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『涙そうそう』 [雑感]

映画『涙そうそう』を見てきました。
沖縄を舞台にした血の繋がらない兄妹のホームドラマです。

観客を泣かせるためにやれるだけのことはやってみよう!(ポジティブ)という
チャレンジスピリッツに満ちた作品ですが、
エンターテイメントに徹しているから、後味は悪くなかったです。
お兄ちゃんがお人好しの働き者で、妹は明るく元気で可愛くて、
二人ともすごい絵に描いたような爽やかな兄妹でした。
自分でトンカチを持って雨漏りのする屋根を直したり庇を作ったり、料理をしたり
花に水をやったり、身の回りのことを自分でする人たちなので好感が持てて、よかったです。

この手の映画は、設定や脚本にちょっとでも引っかかる部分があると
ストーリーに入れ込めないし、同じ回の上映で一緒に見てたお客さんの中には、
「泣けなかった、これで1600円は高い!」と言っていた人もいたから、
反応は人それぞれだと思う。自分はテレビCMを見た時点で、
(これは来るかも……)という予感がしたから、涙もろいだけかもしれない。

でも、展開はベタなんだけど、次々に泣けるネタを繰り出してくるので泣かされる。
波状攻撃で挑んでくるから負けた。
脇役がいい味出してるんだ。
この映画についてはネタバレしたくないんだけど、市場のおばあと島のおばあは本当に卑怯。

お客さんをとことん泣かせてやろうという趣旨に基づいたエンターテイメントで、そこまでやるぜ!、
やっちゃうぜ!、ついでにこのネタも突っ込んじゃえ!という徹底ぶりが見事でした。
他の席のお客さんに遠慮のいらないレイトショーとかで人目を憚らずに鑑賞したらヤバイよ、きっと。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

チョコレート効果 [雑感]

遅ればせながら、先日、チョコレート効果(86%)というものを初めて食べました。

プラスチックの箱に入っているボトルタイプを購入したら、見た目は単色のマーブルチョコみたい。
口に入れると圧倒的な粉っぽい苦さ。
ココアクッキーを作るとき、一度は舐めたことがあるでしょう。
まさにあの、ココアパウダーを固めたような味!
うわー、これは菓子じゃない、ポリフェノールのサプリメントだ、と思ったのですが、
口がさみしいときにちょくちょく食べていたら、意外と早く完食しました。
それ以来、微妙にハマっています。

カカオの割合によって、63%、72%、86%、99%のバージョンがあるらしく、
コンビ二では、4つの種類がワンパッケージになったアソートも売ってました。
チョコレート効果(72%)はビターチョコだと思って、普通にお菓子として食べられる味。
63%は甘く感じた。
99%は包装紙に「非常に苦いチョコレートです」という警告文が書いてある上、
文頭には注意マーク(△の中に!が入っている)が付いています。
……これはいいなあ、さっき食べたチョコレート効果の苦味を打ち消そうとして
もう1粒追加で食べてしまい、さらにまた苦みを味わうという魔法の永久サイクルだ。

チョコレート効果にハマったあと別のミルクチョコレートを食べたら、
練乳でもかかっているんじゃ……と思うほど甘く感じました。
これはこれで新鮮、楽しい。
チョコレート効果+カシスはまだ食べてないけど、どうかな。

http://open.meiji.co.jp/sweets/chocolate/chocokoka/index.html
(明治製菓公式サイト)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ゲド戦記』 [雑感]

レイトショーでゲド戦記を見てきました。
感想は、「立派になったなあ、ハイタカ!」(笑)
いつまでも原作1巻のイメージではいけませんね、CV菅原文太ですもの!
アーシュラ・K・ル=グウィンとジブリの相性はどうかと思っていたけど、
予想していたよりは良かったです。

音楽がきれい。背景もきれい。
帆船が係留された入り江の夕焼けなんて印象派の絵みたい。
夕方の光には青で陰をつけていて、町の風景は油絵のようにこってりした重量感がある。
エンドロールの作曲者は新居昭乃さんでした。

原作は途中まで読んだことがあるのですが、いい感じに頭から抜けていて、
この映画、ものすごくストーリーを端折っているな……と思いつつ、
説明が足りない部分は自分の想像で好きなように補って見ていました。
たぶんこのくらい↑の人が、一番楽しめると思う。
原作を読んでいない人には理解できないだろうし、原作のファンはつらくないか。
冒頭のアースシーの詩はやっぱり良くて、懐かしかったです。

――風景や造形や登場人物が、結局、
ジブリワールドの属性に当てはめられてしまっているのが、後から気になったけど。
多くの作品を世に送り出してきた会社の宿命かもしれないけど、
原作付きの作品なのに、どこかで見たことのあるキャラ、どこかで見たことのある
演出になっていて、それはジブリにとって良いことなのかと疑問に思う。
パンに玉ねぎを載せるシーンでパズーとシータのお昼ごはんを思い出し、
塔の屋上が抜けるシーンでラピュタの崩壊を思い出し、
アレンが襲われる黒のどろどろも、カオナシだったり、鳥になり過ぎたハウルだったり。
要するに、ゲド戦記もトトロももののけ姫も同じ世界の出来事に見えてしまって、
火吹き山の空気もアースシーの空気も同じだなー……と。
そのへんは監督が変わっても変わらないのか、会社のカラーを変えろという方がおかしいのかな。

そんな中、アレンとテルーの二人については、
これまでのジブリの主人公たちが見せなかったような歪んだ表情をときどき見せていて、
不思議というか、面白いというか、言葉に迷います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

金魚すくい [雑感]

金魚すくいをしてきました! 戦果は6匹でした。
すくう道具はプラスチックの枠に和紙が張ってあって、
金魚はお店の人が「今朝買ってきたばかり」と保証する元気な泳ぎぶりでした。

時間があったので、自分が遊んだあと周りの様子を見てたのですが、
「うちは猫が2匹いるから金魚は飼えない」と宣言してたお祖父ちゃんが、
娘と孫に押し切られて観戦モードから参戦モードに切り替わり、
「物置にある水槽は熱帯魚も飼える立派なヤツだ」とつぶやき
「それなら猫も平気だよ」という合いの手に頷いて、
最後には「捕まえた金魚、後で取りにくるから日陰で預かっておいて」に
変貌してたのが可愛かったです。

大物の黒デメ狙いのパパと男の子の紙があっさり破れたあと、
付き合いで始めたお母さんが中くらいのサイズの金魚を上手にすくって
めちゃ嬉しげ&誇らしげな笑顔だったり、
「金魚は頭からすくうんだよ」と小さい子に講義していたお父さんが、
金魚すくいを始めた途端に冷静さを忘れてターゲットを水中で追いかけたり、
家族みんなで楽しんでいるのが微笑ましくていい感じでした。

金魚すくいは、道具を水に入れてから30秒間が勝負だと思います。
それまでに群の動きをじっと見つめて狙い定め、水に浸けたら一気にGO!だ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感